一般教育機構 自然科学領域生物学Biology

JapaneseEnglish

研究室HP

生物学写真

 生物学教室は、2009年4月に東海林博樹准教授が、2011年8月に有川智博講師がそれぞれ着任して現在に至っている。教育においては主に一学年を対象とし、生命科学に関する講義を中心に担当するとともに、その他の初年次教育も携わっている。研究の中心課題はガレクチンとよばれるβガラクトシドを認識する動物レクチンファミリーの機能解析である。ガレクチンの作用は発生・分化の制御、免疫調節、腫瘍形成など多岐におよぶとされるが、当研究室では、特に胎盤の形成と機能や、様々な免疫作用の調節に関するガレクチンファミリーの働きを解析している。これらの研究を通じて、医学の発展、さらには生き物の普遍性と多様性の理解に貢献したいと考えている。

お問い合わせ

TEL: / FAX: / Email: hirokis@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

准教授

  • 東海林 博樹 代表者P1050303

講師

  • 有川 智博

主な研究業績

部門別研究業績

  • Arikawa T, Simamura E, Shimada H, Nakamura T, Hatta T, Shoji H (2014) Significance of sugar chain recognition by galectins and its involvement in disease-associated glycosylation. Congenit Anom (Kyoto). 54 (2): 77-81.
  • Inoue M, Arikawa T, Chen YH, Moriwaki Y, Price M, Brown M, Perfect JR, Shinohara ML. (2014) T cells down-regulate macrophage TNF production by IRAK1-mediated IL-10 expression and control innate hyperinflammation. Proc Natl Acad Sci U S A. 111 (14): 5295-300.
  • Arikawa T, Simamura E, Shimada H, Nishi N, Tatsuno T, Ishigaki Y, Tomosugi N, Yamashiro C, Hata T, Takegami T, Mogami H, Yamaguchi K, Nakamura T, Otani H, Hatta T, Shoji H. (2012) Expression pattern of Galectin 4 in rat placentation. Placenta. 33: 885-7
  • Kojima K, Arikawa T (筆頭著者), Saita N, Goto E, Tsumura S, Tanaka R, Masunaga A, Niki T, Oomizu S, Hirashima M, Kohrogi H. (2011) Galectin-9 Attenuates Acute Lung Injury by Expanding CD14- Plasmacytoid Dendritic Cell-Like Macrophages. American Journal of Respiratory and Critical Care and Medicine. 1;184(3):328-39.
  • Thijssen VL, Barkan B, Shoji H, Aries IM, Mathieu V, Deltour L, Hackeng TM, Kiss R, Kloog Y, Poirier F, Griffioen AW. (2010) Tumor cells secrete galectin-1 to enhance endothelial cell activity. Cancer Res. 70(15):6216-24.

主な外部研究資金

  • 文科省 平成26年度 科研・基盤C 「胎盤栄養膜細胞の浸潤能獲得におけるガレクチンファミリーによる制御機構」 代表・東海林博樹
  • 文科省 平成24年度 科研・若手研究B 「ガレクチン制御性オートファジーを介した胎盤形成機構の解明」 代表・有川智博
  • 文科省 平成23年度 科研・基盤C 「胎盤形成におけるガレクチンファミリーの機能解析」 代表・東海林博樹
  • 文科省 平成20年度 科研・若手研究B 「ガレクチン9の骨髄由来免疫抑制マクロファージに対する分化誘導機序」 代表・有川智博
  • 上原記念生命科学財団 平成16年度 海外留学助成金 「ガレクチンファミリーによる生体の形成と恒常性維持の微調節機構」 代表・東海林博樹